自立支援医療(育成医療)給付

  • 肢体不自由(先天性股関節脱臼、内反足など)
  • 視覚障害(斜視、白内障、眼瞼下垂など)
  • 聴覚平衡機能障害(外耳道閉鎖、中耳カタルなど)
  • 音声言語機能障害(口蓋裂、吃音症など)
  • 心臓障害(心室中隔欠損症など)
  • 腎臓障害(慢性腎不全)
  • 先天性内臓障害(巨大結腸、肛門閉鎖、胆道閉鎖など)
  • 免疫機能障害(HIV感染)

などの疾患があり、通院、または比較的短時間の入院で、障害が除去あるいは軽減される見込みのある児童は、指定医療機関において治療に必要な医療が給付されます。
市町民税(所得割)当に応じて自己負担があり、市町民税(所得割)の額によっては給付が受けられないことがあります。
医療給付を受けるには、保護者は居住地を所轄する保健所で手続きをしてください。

詳しくは、お住まいの市町にお問い合わせください。

 

▲ ページ先頭に戻る