お子さんの命を守るチャイルドシートへの助成制度

自動車の運転者が6歳未満の乳幼児を自動車に乗車させる場合にチャイルドシートの使用が義務付けられています。チャイルドシートを使用していないと、使用している時に比べて事故時に死亡または重傷となる率が著しく高くなります。

お子さんの命を守るため、また、事故による被害を防止・軽減するために、自動車に同乗させるときにはチャイルドシートを必ず使用しましょう。

※なお、乳幼児が負傷等のためチャイルドシートを使用させることが療養上または健康保持上適当でないときなど使用義務が免除される場合があります。

警察本部交通企画課 TEL:087-833-0110(内線5022・5023)にお問い合わせください。

チャイルドシート助成制度(助成・レンタル)を実施している市町や交通安全協会があります。

詳しくは、市町もしくは最寄の交通安全協会にお問い合わせください。

 

▲ ページ先頭に戻る