SIDS(乳幼児突然死症候群)から赤ちゃんを守るために

 SIDS(Sudden Infant Death Syndrome:乳幼児突然死症候群)とは、 それまで元気ですくすく育っていた赤ちゃんが、ある日突然、眠っている間に 死亡してしまう病気です。
 日本での発症頻度は、およそ出生4000人に1人と推測されています。平成18年は赤ちゃんの死亡原因の上位(3位)になっています。
 SIDSの原因はまだわかっていませんが、育児環境のなかにSIDSの発生率を高める3つの要因があることが、明らかになってきています。

 

厚生労働省ホームページへ

 保護者のみなさんへ

 乳幼児突然死症候群(SIDS)に関するガイドライン

 乳幼児突然死症候群(SIDS)の診断の手引き

▲ ページ先頭に戻る