産前・産後期の労働

  • 妊産婦は、事業主に請求することにより、時間外労働、休日労働、深夜労働(午後10時~午前5時までの労働)が免除されます。
  • 事業主は妊産婦が重い物を取り扱う業務など有害な業務に就かせてはならないことになっています。
  • 妊娠中は、事業主に請求することにより、他の軽易な業務に変わることができます。
  • 1歳未満の子どもを育てる女性は、事業主に請求することにより、1日2回少なくとも各30分の育児時間をとることができます。

▲ ページ先頭に戻る