南保育所

基本情報
保育所名称南保育所
郵便番号766-0002
住所仲多度郡琴平町103番地
電話0877-75-1022
FAX0877-75-1022
公・私
定員・実施内容
定員90
乳児保育実施有り
延長保育実施無し
一時預かり実施有り
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年7月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体琴平町
施設長名真鍋 幸子
敷地面積1808m2
建物面積948.7m2施設平面図
建物構造鉄筋コンクリート造2階建

入所の概要

入所できる年齢

生後3か月から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳以上合計
1名7名10名6名13名37名
職員数
施設長保育士調理員管理栄養士合計
1名10名2名1名14名

保育方針

  • 新保育所保育指針に沿い、家庭との協力のもと、1人ひとりの子どもに対し、養護面 教育面が一体となった保育を行う。
  • 保育所での楽しい体験を通して健康な身体、やさしい心、豊かな感性を育み、子どもが自分の未来を自分で切り開いていける力の基礎を培う。
  • 人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てると共に自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。

保育内容

  • 子どもの発達の側面から、「健康」「人間関係」「環境」「言語」「表現」の五領域を総合的に保育活動に取り入れている。
  • 同年齢での活動や異年齢児集団での活動の中で1人ひとりの子どもが、主体性のある幅広い生活経験ができるようにする。
  • 栽培やクッキングなどを行いながら食べることによろこびを持ち、自分で健康な生活を営む力を育てる「食育」に力を入れている。

保育時間

保育時間
通常保育月曜~金曜:午前8時30分~午後4時30分まで
(ただし、要望により、午前8時~午後6時30分まで)
土曜:午前8時30分~午後0時まで
(ただし、要望により、午前8時~午後0時30分まで)
休所日日曜・祝祭日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

現在実施しておりません。

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

 
【受け入れできる年齢】生後6か月以上で首がすわった頃から就学前まで
(町内居住者)
【保護者負担金】4時間1,000円~1,500円
8時間2,000円~3,000円
食事代実費(300円)
年齢、利用形態によって異なります。
【申込方法】保育所に直接申し込み
【保育時間】月曜日~金曜日、午前8時~午後6時まで

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

保育園の1日

保育園の1日
8:00登所、視診
9:00室内外での自由な遊び・各年令に応じた保育活動
(0・1・2歳児おやつ)
9:30
12:00昼食
13:00午睡
15:00おやつ
自由あそび
16:30降所
 
18:30 
  
  

年間行事

年間行事 春

入所式、保護者会総会並びに親子交通教室、春の遠足、栽培活動、健康診断、お花見会食

 
年間行事 夏

夕すずみ会、プールあそび、保育参観、保護者研修会、クッキング保育、夏の交通安全キャンペーン

 
年間行事 秋

町内保育所合同ふれあいまつり、秋の遠足、いも掘り、祖父母参観、文化祭、健康診断、運動会

 
年間行事 冬

冬の交通安全キャンペーン、なかよし発表会、お正月遊び、保育参観、給食試食会、クリスマス会、親子ふれあい活動、地域交流音楽会、作品展、ひなまつり、お別れ遠足、お別れ会、修了式

 

その他

  • 冷暖房完備の二階建てです。
  • 保育所の近くには神事場などおさんぽコースがあり、自然にふれたり、地域の方との交流も楽しんでいます。
  • 地域交流ふれあいコンサートや夕すずみ会など地域の方や未就園の子どもさんとの交流行事も行っています。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 自然に親しんだり、園外保育を通して地域の人たちと触れ合ったり、家庭ではできない経験を提供していきたいと考えています。3・4・5歳児は毎年こんぴらさんへのお散歩マップを作り、少しずつ距離をのばして、保育所から目の前に見えるこんぴらさんの御本宮まで登るコースを取り入れ体力づくりを図っています。

 

▲ ページ先頭に戻る