氷上保育所

基本情報
保育所名称氷上保育所
郵便番号761-0612
住所木田郡三木町氷上125-1
電話087-898-8365
FAX087-898-8568
公・私
定員・実施内容
定員110
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施有り
受入可能状況不可(平成30年2月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体宗教法人 蓮成寺 川窪 純司
施設長名川窪 純司
敷地面積6,346m2
建物面積1,007.35m2施設平面図
建物構造鉄骨造2階建・一部木造平屋建

入所の概要

入所できる年齢

産休明けから小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成29年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳以上合計
16名26名26名24名33名125名
職員数
施設長保育士看護師栄養士調理員その他合計
1名24名1名1名3名6名36名

保育方針

  •   一人ひとりの子どもの発達に留意し、ていねいで穏やかなかかわりを心がける。
  •   日常の繰り返しの中で、人として生きていくための基礎的な力を培い、自尊心を養う。
  •   遊びをとおして子どもが成長発達していけるように、環境を整え、援助していく。
  •   戸外遊びを通じて、丈夫な体作りと、身体の安全能力を育む。

保育内容

  •   0・1歳児は大人との信頼関係を築くために育児担当保育をしています。
  •   3・4・5歳児は、異年齢混合クラス編成にしています。
  •   生活や遊びの中で、さまざまな体験をし、他の人と共感、協同できる力を育てます。
  •   遊びのなかで、集中力、工夫する力、やり遂げる力、ルールを守る力、コミュニケーションの力を育てます。

保育時間

   短時間
通常保育月曜~金曜:午前7時15分~午後6時15分まで午前8時30分~午後4時30分
土曜:午前7時30分~午後5時まで午前8時30分~午後4時30分
延長保育月曜~金曜:午後6時15分~午後6時45分午前7時15分~午前8時30分
午後4時30分~午後6時40分
休所日日曜・祝日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

月曜~金曜の午後6時15分~6時45分の30分間実施しています。保護者負担金1回  200円
申込方法備付の申込書により直接保育所に申込む

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

毎週月~金曜日 午前10時~午後3時まで  無料
毎週水曜日の午前中は、愛育会と共に地域交流センターでも実施しています。
・年齢別に、1階と2階に分かれて遊べます。(赤ちゃんも大きい子ものびのび遊べます)
・毎月の「おやつの日」には安心・安全で体にやさしい素材を原料にしたおやつが食べられます。(無料)
・専任スタッフによる育児相談や栄養士による離乳食相談を実施しています。また毎月1回、家庭教育カウンセラーによる個別相談(要予約)もあります。
・子育てに関する講習会を実施しています。
・お弁当を持ってきたらランチルームで食べられます。お茶は用意してください。
・お母さんのリフレッシュタイム(無料託児の日、要予約)を実施しています。
・おもちゃや絵本の貸出を行っています。
・絵本の読み聞かせ ・わらべうたあそび ・英語のうたあそび ・工作の日
・おはなし会 ・身体測定 ・お誕生会 など

その他子育て支援

現在実施しておりません。

保育園の1日

7:15開所
好きな遊び 順次登所
      持ち物整理
8:00
9:00年齢に応じた保育活動
10:00
11:00
11:30昼食
13:00昼寝
14:00
15:30おやつ
16:00降所準備、戸外遊び
17:00順次降所
18:00延長保育 
18:45閉所
  

年齢によって多少異なります。

年間行事

年間行事 春

入所式、親子バス遠足、保育参観、育児講座、内科・歯科健診、個人懇談会、菜園活動

 
年間行事 夏

七夕まつり、夕涼み会 、プール開き、個人懇談会

 
年間行事 秋

運動会、いもほり、園外活動、自由参観、給食試食会、内科健診、サッカー教室、
菜園活動

 
年間行事 冬

おゆうぎ会、保育参観、育児講座、豆まき、ひなまつり会、スケート教室、おわかれ遠足、お別れ会、修了式

 

その他

  • 午睡時は、個人用コットを使用しています。ほこりがたちにくく衛生的です。保護者の布団の持ち帰りがありません。
  • 給食は、子どもの体に与える影響を考慮して、主食はすべて米を用い、できるだけ添加物の少ない食品や旬の食材を使って、日本の伝統食を基本にした和食中心の献立をたてています。3歳以上児の主食費は月額850円徴収しています。 
  • 給食で使う野菜は、有機栽培農園から一部入れています。また保育所の農園でも有機野菜を栽培し、給食の食材として使っています。
  • アレルギーのお子さんは、医師の診断書に基づき、除去食対応しております。

施設長からのひと言

園長からのひと言

乳幼児期は、人間として生きていくための土台づくりの時期です。私たちは、一人ひとりの子どもの発達に留意し、丁寧で穏やかなかかわりを心がけ、子どもの自尊感情を大切に保育をしています。子どもや保護者から信頼される存在、必要なときはいつでもサポートできる存在でありたいと願っています。

 

▲ ページ先頭に戻る