保育所(園)

保育所(園)とは、保護者が就労や傷病などの理由で昼間、子どもの家庭保育ができない場合に、市町が子どもを預かる児童福祉施設で、児童福祉法に基づき知事(中核市の場合は市長)の認可を受けたもの(認可保育所)のことです。
認可保育所は国、県、市町が経費を負担し、公的な社会福祉事業として運営されています。就労などで子どもを預けなければならなくなったら、まず、市福祉事務所、町役場に相談してください。
通常の保育以外に延長保育、休日などの保育事業を実施している保育所(園)もあります。

  • 入所手続きは、市福祉事務所、町役場に申し込んでください。
  • 対象児童は、原則として乳児から小学校に入学するまでの乳幼児です。
  • 保育料は、保護者の所得税等に応じて、市町が定める額を保護者が負担することになっています。

※認可保育所とは別に「認可外保育施設」(無認可)があります。
「認可外保育施設」とは、児童福祉法に基づく認可を受けていない保育施設の総称です。個人、団体、民間会社などが設置・運営しているもので、市や町に申し込む認可保育所とは異なり、施設と直接契約することになります。利用形態もさまざ まですので、契約内容を十分確認し、必ず事前に施設を見学することをお勧めします。

詳しくは各市町の保育施設情報をご覧ください。

子育て支援課 保育所グループからのお知らせはこちらです。

入所手続き、保育料など、詳しくは直接施設へお問い合わせください。

▲ ページ先頭に戻る