高瀬南部保育所

基本情報
保育所名称高瀬南部保育所
郵便番号767-0013
住所三豊市高瀬町下麻653-2
電話0875-74-6232
FAX0875-74-6232
公・私
定員・実施内容
定員120
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年12月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体(株)小学館集英社プロダクション
施設長名津島 桂子
敷地面積4,193.32m2
建物面積1,158.33m2、施設平面図
建物構造鉄骨造平屋建

入所の概要

入所できる年齢

生後8ヵ月から5歳児までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳5歳合計
10名30名30名24名21名8名123名
職員数
施設長保育士看護師調理員その他合計
1名34名0名4名3名42名

保育方針

<保育理念>

  • 「あったかい心」をもつ子どもに育てる保育を目指す。
    ※「あったかい心」とは、愛情・信頼・認め合い、思いやりの気持ちを持ち、その気持ちのこもった行動が素直に表現できることだと考えます。

<保育目標>
『笑顔いっぱい、元気いっぱい南部っ子』
  ~心身ともにしなやかで健康な子どもを育む~

 ☆こころ:認め合う子ども、チャレンジする子ども
☆あたま:興味を表現する子ども、発見を大切にする子ども
☆からだ:楽しくよく食べる子ども、からだ中あそぶ子ども

保育内容

  • 保育内容は、各年齢に応じて月別にねらいと目標・活動などのプログラムを作成しています。
  • 散歩や遠足などの園外保育や園芸・菜園活動により、健康増進を図り、自然や事象に対する興味や関心を深めると共にそれらに対する愛情を育んでいます。
  • 保育所周辺のいろいろな人とふれあう機会を持ち、人とかかわる力を育んでいきます。

保育時間

平日保育保育短時間月曜日~金曜日:午前8時30分~午後4時30分まで
保育標準時間月曜日~金曜日:午前7時30分~午後6時30分まで
特に必要がある場合土曜日:午前7時30分~午後6時30分まで
休所日日曜日・祝祭日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

保育短時間のみ午前7時30分~午前8時30分
午後4時30分~午後6時30分

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

現在実施しておりません。

保育所の1日

7:30

登所

自由な遊び、片付け

8:00
9:00おやつ(0・1・2歳児)
10:00年齢に応じた保育
11:00

給食準備
給食
午睡準備

12:00
13:00午睡  (5歳児は午睡なし)
午睡片付け
14:00
15:00おやつ
16:00降所の準備、外遊び
17:00自由な遊び、順次降所
18:30 

年間行事

  • 毎月1回~2回の避難訓練
  • 毎週火曜日はふれあいタイム(異年齢交流)
  • 月末の木曜日は誕生会

 

年間行事 春

入所式、お花見給食、交通安全教室、内科検診、保育参加、子育て講演会、運動会

 
年間行事 夏

プール開き、七夕まつり、たかせ人権福祉センターのお話会、保育所交流会、自由参観

 
年間行事 秋

内科検診、歯科検診、親子遠足、お話会、生活発表会、子育て講演会、
保育参加、餅つき、クリスマス会

 
年間行事 冬

保育参加、幼稚園交流、ひな祭り、人形劇観劇、お別れ遠足、お別れ会、修了式

 

その他

  • アレルギー除去食0歳児離乳食などについては、個々に相談の上実施しています。
  • 献立は三豊市保育所統一献立を使用しています。土曜日の給食は管理栄養士により必要な栄養価計算のもとに独自の献立で作っています。
  • 午睡はコット(簡易おひるね用ベッド)を使用しています。
  • 3歳児以上の主食費は650円徴収しています。

施設長からのひと言

園長からのひと言

平成29年度から指定管理者制度により、小学館集英社プロダクションの運営によります公設民営の保育所として、従来の保育を継承しながら、お子様たちの最善の利益を常に追求し、保護者会・三豊市と連携しながら安心安全な保育所運営に努めています。
「みちくさ散歩」「てくてく散歩」など散歩を取り入れ、子どもたちが主体的に自然にかかわり、感動体験を積み重ねられるよう日々保育にあたっております。
また、1年に1回誰にでも訪れる誕生日、いつもと違ったわくわくドキドキを体験できるよう「お誕生日は特別の日」として、さまざまな取り組みを行っています。

 

▲ ページ先頭に戻る