山本保育所

基本情報
保育所名称山本保育所
郵便番号768-0103
住所三豊市山本町財田西525-1
電話0875-63-3019
FAX0875-63-3020
公・私
定員・実施内容
定員120
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年7月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体三豊市
施設長名島田 雅子
敷地面積3909m2
建物面積1290m2施設平面図
建物構造鉄筋コンクリート造平屋建

入所の概要

入所できる年齢

生後8ヶ月から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳5歳合計
3名22名30名22名34名29名150名
職員数
施設長保育士保育補助調理員合計
1名27名5名5名38名

保育方針

「一人ひとりの思いや個性を大切にしながら、生き生きと生活する子どもの育成」をめざしています。

  • 元気な子
  • チャレンジする子
  • 思いやりのある子

保育内容

  • 一人一人を大切にした保育と日課の充実を図っています。
  • 友だちと一緒に喜んで遊んだり、豊かな自然の中で様々な五感を使った体験を積み重ねたり、豊かな感性を培います。
  • 子ども同士の関わりの中から、自己肯定感を得られるように関わっています。
  • 個々の状態を把握し、基本的な生活習慣が身につくように援助しています。
  • 基本的なあいさつが、元気よくできるようにしています。
  • 保護者や地域の人々と連携を図るとともに、地域に開かれた保育所として自発的に子育て支援を努めています。
  • いろいろなことに興味を持ち、チャレンジできる環境を作っています。

保育時間

平日保育保育短時間月曜日~金曜日:午前8時30分~午後4時30分まで
保育標準時間月曜日~金曜日:午前7時30分~午後6時30分まで
特に必要がある場合土曜日:午前7時30分~午後0時30分まで
休所日日曜日・祝祭日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

 保育短時間のみ午前7時30分~午前8時30分
午後4時30分~午後6時30分

 

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

保護者等の育児講座(国庫補助 有)
 保育所の保護者及び地域の未就園児をもつ母親に子育てが楽しくなるような支援を行う。内容は、下記のとおりです。
  • 育児に関する講演会
  • おやつ・簡単朝食の試食やレシピ配布
  • 絵本貸し出しやわらべうたの推進
  • 保育所開放
  • 「一日保育士さん」
  • 「懇談の窓口」

保育所の1日

7:30登所
8:00自由な遊び
ラジオ体操
9:00
10:00学級や異年齢での遊び
おやつ(未満児)
11:00 
12:00給食
13:00昼寝
14:30おやつ・クラスでのひととき
15:40サーキット遊び・自由な遊び
16:30降所
18:30居残り児童降所

年間行事

年間行事 春

入所式、誕生会(毎月)、こどもの日の集い、親子ふれあい活動、子育てトーク、保護者会総会、交通安全キャンペーン、保育参加、健康診断、運動会

 
年間行事 夏

七夕祭り、プール開き、夕涼み会、海辺のあそび

 
年間行事 秋

お祭りごっこ、いもほり、文化展、家族参観、幼年消防パレード、親子遠足

 
年間行事 冬

生活発表会、クリスマス会、もちつき、保育参観、マラソン大会、豆まき、ひなまつり、お別れ会、修了式

 

その他

  • 中・高校生の体験学習による子どもとのふれあい
  • 年間を通して幼稚園、地域の人との交流活動
  • 栄養バランスのとれたメニューの完全給食・食育指導
  • アレルギー食は完全除去します。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 本園は、園舎中央に屋根つき広場があり、雨天の時でも自由に伸び伸びと遊べます。ここは異年齢児のふれあいの場ともなっています。
  保育室は温かい家庭的な雰囲気を大切にしながら、子どもの成長発達に即した環境づくりを行っています。手作りの玩具はとても好評で、子どもの集中力や指先の機能の発達を養うのに役立っています。保護者や地域の人々と連携をとりながら、子どもたちがたくましく生きる力を育み、望ましい未来を築くための素地づくりに職員一同努力しています。

 

▲ ページ先頭に戻る