カナン子育てプラザ21

カナン子育てプラザ21
基本情報
保育所名称カナン子育てプラザ21
郵便番号765-0014
住所善通寺市生野本町2丁目16-1
電話0877-62-3695
FAX0877-62-3665
公・私
定員・実施内容
定員120
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施有り
休日保育実施有り
地域子育て支援拠点
(センター)
実施有り
受入可能状況年齢によって不可(平成29年9月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体社会福祉法人カナン福祉センター
施設長名綾田 敬子
敷地面積3,758m2
建物面積1,722m2施設平面図
建物構造鉄筋コンクリート造

入所の概要

入所できる年齢

生後3ヶ月から小学校就学前までのお子さんが入園できます。

平成28年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳以上合計
7名23名26名30名39名124名
職員数
施設長保育士看護師栄養士調理師事務員その他合計
1名25名3名2名2名2名2名37名

保育方針

子どもが将来成長したとき、より積極的に社会に関わるときに必要な心と知恵・生きていく力、そして豊かな感性と深い愛情を持った人間として育つために、次のような保育方針としました。

家族や保育者から愛情を受け、安心して生活や遊びを楽しむために、保育環境を整える。
豊かな感性を育てるために、発達に応じた実体験を味わう。
感謝と尊敬の気持ちを持つため、保育者が感謝の気持ちを子どもに伝える。
社会生活が円滑に営めるために、基本的生活習慣の自立を園生活を通して身につける。
自分の気持ちや思いを豊かに表現できる子どもになるために、日々の生活を楽しむ。
  • 園だより、クラスだより、保健だより、連絡ノートなどで子どもの姿や成長を伝え、子育ての楽しみを共有する。
  • 地域の子育てセンターとしての役割を担い、親子関係を支援する。

かけがえのない子ども一人ひとりの人格形成の基礎を培う大切な時期であることを保育に携わる者は意識し、愛に満ちあふれた幼児期時代が過ごせるようにする。

保育目標

  • 思いやりの心や感謝の気持ちを持つ子どもに育てる。
  • 一人ひとりを大事に、個性豊かな子どもに育てる。
  • 感性をはぐくみ、思いを素直に表現する子どもに育てる。
  • 自分で遊びを見つけ、自分で考える子どもに育てる。
  • 友だちと楽しく遊び、明るくのびのびとした子どもに育てる。
  • 保護者の子育てを支える。
  • 子どもが育ち、子育てしやすい地域を支える。

子ども像

  • あいさつや「ありがとう」が素直に言える子
  • 明るくのびのびと遊べる子
  • 遊びや生活に意欲や関心を持ち、考える子
  • 自分の思いをことばや身体で表現できる子

保育時間

通常保育月曜~金曜:午前7時~午後8時まで
土曜:午前7時~午後6時まで
休園日日曜・祝日・年末年始
(お仕事等の都合で、どうしてもお困りの方は、ボランティア或いは子育てホームヘルパーの利用もできます。必要な方は支援センターにご相談ください。)

特別保育

延長保育(月~金)

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

午後6時から8時までの2時間、延長保育をしています。夕方の軽食をいただきながら、家庭的な雰囲気の中で過ごします。

一時預かり(月~金)

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

週3日程度土・日・祝日以外いつでも利用できます。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。
日曜日・祭日・年末年始(12/31・1/1・1/2を除く)・その他園長が休みと定めた日

登録制で善通寺市内の保育園児(生後5ヶ月~5歳児)であること、また、市内の小学校1年生から小学校3年生程度の児童であること(ただし在園児の兄姉のみ)

病児保育(月~金)

保育所に通っている児童だけでなく、在宅の児童が病気の急性期、極期を過ぎ、回復期にあって、家庭で育児を行うことが困難な場合に病後児施設でお預かりします。(詳細は病児保育室まで 電話62-3695)

地域子育て支援拠点(センター)

(地域子育て支援拠点事業)【(0877)64-0288】

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

  • 子育て親子の交流
  • 子育て等の相談(来園、TEL、メールなど)土、日、休日をのぞく 9:00~16:00
  • 子育て関連情報の提供
  • 子育て支援講演会
  • 地域支援活動

センター利用時間 9:00~16:30(日・休日等除く毎日)
お母さんたちのサークル活動の場としても利用できます。
(事前に申し込んでください。)

その他子育て支援

子育てホームヘルプサービス 乳幼児を持つ保護者のうち、一時的に育児および家事援助を必要とする保護者のいる家庭に子育てホームヘルパーを派遣(有料)するシステムです。
子育てボランティア 育児サポート・絵本・折紙・クッキングなど地域のボランティアが育児の応援をします。

保育所の1日

7:00

順次登園

健康観察

短時間保育児登園

8:00

8:30

9:00年齢に応じた保育活動 未満児はおやつ
10:00
11:00食事準備
食事
12:00
13:00午睡準備
午睡
14:00
15:00間食

16:30

短時間保育児降園
17:00自由な活動
18:00延長保育
20:00お迎え順に降園

※短時間保育認定の場合は8:30~16:30です。

年間行事

年間行事 春

入園式、花見、家庭訪問、山登り(みかんの花の咲くころ)、親子遠足、
地域の老人との交流・保育参加

 
年間行事 夏

保育・保育参加、プール開き、プラザまつり、お泊り保育、地域の老人との交流

 
年間行事 秋

運動会、山登り(みかんの青い実の成る頃)、やきいも、みかん狩り、
地域の老人との交流、給食参加、おじいさんおばあさんと遊ぼう会

 
年間行事 冬

おたのしみ会、クリスマス会、ひなまつり、おもいで遠足、雪山あそび、
保育参加、卒園式、地域の老人との交流

 

その他

〈交流事業として〉

  • 保育所地域活動事業として、地域の方々や在宅の親子が楽しめるイベントを企画したり、卒園児との交流をしたりしています。
  • 毎月8日に赤門筋で出前保育を実施し、地域の方や子育て中の親子とふれあい交流しています。
  • 「ガーデンサポーター花呼さん」との交流。
    花の美しさや生長の不思議さに気づき、共に自然との出会いを喜んでいます。
  • 全園児、完全給食を実施します。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 「子どもの幸せは、ありのままの自分が愛されていることに安心して、夢中になって遊ぶことである」と、ある人が言いました。『子どもの最善の利益を考慮すべきである』と保育所保育 指針でも述べられています。
 では、子どもの最善の利益とは何でしょうか。
 私は、自分のやりたいことが選べて、決定できる環境の中でのびのびと自分らしさを発揮しながら、子ども時代を子どもらしく過ごすことだと思います。そして、なにより自分は愛されていると実感できる瞬間をもつことです。
 プラザ21は、“子どもの園”です。いつも子どもは“何を楽しんでいるのだろうか”“子どもの願いは何なのか”と子どもたちの姿の中に育ちの原点を見つけながら、日々の保育を進めています。

 

▲ ページ先頭に戻る