昭和認定こども園 <保育所型認定こども園>

基本情報
認定こども園名称昭和認定こども園
郵便番号761-2101
住所綾歌郡綾川町畑田2422番地1
電話087-877-1391
FAX087-877-1392
公・私
定員・実施内容
定員1号認定35
定員2・3号認定185
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施有り
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施有り
受入可能状況年齢によって不可(平成30年8月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体綾川町
施設長名綾田 弘子
敷地面積9988.67m2
建物面積3113.80m2施設平面図
建物構造鉄骨造平屋建

入園の概要

入園できる年齢

生後6ヶ月から小学校就学前までのお子さんが入園できます。

平成30年4月1日現在の入園児童数
 0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児合計
保育認定2名33名39名37名24名44名180名
教育認定–  –– 9名14名9名32名
職員数
園長主任保育士保育士子育て支援センター
保育士
一時保育
保育士
調理員合計
1名2名31名2名3名5名44名

こども園の方針

  • 豊かな心を持ち、元気でたくましい子どもを育てる。

(目指す子ども像)
 「いきいき のびのび わくわく 笑顔輝く 綾川っ子」

  • 心も身体も健康な子ども(いきいき)
  • 感性豊かで、思いやりのある子ども(のびのび)
  • 自信を持って意欲的に取り組める子ども(わくわく)

保育内容

  • 各年齢の発達に応じて「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域に基づいた総合的な教育・保育を行う。また、乳幼児一人一人の発達過程を理解しながら教育・保育を進める。
  • 一人一人の子どもの気持ちや思いを理解し受容することにより信頼関係を深め、安定した生活が送れるようにする。
  • 家庭と連携を図りながら、基本的な生活習慣や態度の基礎を培う。
  • 充実した環境の中で、家庭的な雰囲気を大切にしながら異年齢児交流も行い、思いやりやあこがれの気持ちを育てる保育をする。また、地域の自然や文化・人材等を取り入れ、直接体験・感動体験を大切にする。
  • 主体的に遊べる環境の構成や個に応じた援助を心がけ、一人一人のよさを伸ばす教育・保育に努める。

開園日及び開園時間

 保育認定こども教育標準時間認定こども
  標準短時間 
通常月曜~金曜午前7時30分~午後6時30分
必要な時間
午前8時30分~午後4時30分午前8時30分~午後2時
土曜日午前7時30分~午後0時
必要な時間
午前8時30分~午後0時 
延長月曜~金曜午後6時30分~午後7時  
     
閉園日日曜日、国民の祝日、振替休日、
年末年始、その他施設長が必要と認める日
日曜日、国民の祝日、振替休日、
年末年始、その他施設長が必要と認める日
土・日曜日、国民の祝日、振替休日、春・夏・冬休み、その他施設長が必要と認める日

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

[保護者負担金]月額2,500円
[申込方法]事前に申請書により申込

一時預かり

[受入できる年齢]生後6ヶ月経過後~小学校就学前の児童
[保護者負担金]1時間300円  給食費240円
[申込方法]こども園で申込受付
[保育時間]月~金曜日 午前8時30分~午後4時30分まで

休日保育

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

綾川町子育て支援センター「にじ」 直通電話 087-877-2226
利用日時月~金曜日 午前9時から午後4時まで
活動内容自由来館で、子どもと保護者の集いの場となっています。
  • 「なないろタイム」毎週火・木曜日 午前10時~11時30分 保育士がいろいろな遊びを計画し一緒に遊びます。
    (のびのびタイム・ふれあいタイム・ものづくりタイム等)
  • 育児相談  電話相談・面接相談を随時行います。

こども園の1日

こども園の生活
 保育認定こどもの1日教育認定子どもの1日
7:30順次登園、健康視診 
8:00

 

持ち物片付け
自らの思いにそった活動
未満児 朝のおやつ

保育計画による活動
食事

 

順次登園、健康視診
持ち物片付け
自らの思いにそった活動

保育計画による活動
食事

9:00
10:00
11:00
12:00
13:00睡眠降園準備、
自らの思いにそった活動
降園
14:00 
15:00

 

おやつ

降所準備、帰りの集い
自らの思いにそった活動、
 
16:00 
17:00順次降園
延長保育
 
18:00 
18:30  
19:00  

年間行事

年間行事 春

入園式、総会・保育参加、子どもの日お祝会、さつまいものつるさし、
校区春季大運動会、歯科検診、いちご狩り

 
年間行事 夏

田植え、プラネタリウム見学、プール開き、
ふれあい七夕まつり(地域の老人会と)、夕涼み会、校区夏祭り

 
年間行事 秋

いもほり、親子遠足、交通キャンペーン、稲刈り、内科健診、校区文化祭、
ふれあい運動会、祖父母交流

 
年間行事 冬

生活発表会、クリスマ会、もちつき、お店ごっこ、豆まき、保育参観・育児講演会、
ひなまつり茶会、お別れ会、お別れ散歩、小学校体験入学、修了式

 

その他

  • 誕生会・発育計測・避難訓練を毎月実施します。
  • 園外保育・異年齢児交流・絵本の貸し出しを適宜行っています。
  • 子育て支援センターとの交流活動があります。
  • 夕涼み会・校区運動会・校区夏祭り・校区文化祭等の行事を通して地域と交流しています。
  • 地域の老人会や公民館クラブとの交流や昭和小学校・綾南中学校との交流も行っています。

園長からのひと言

園長からのひと言

 昭和地区のシンボルとして親しまれている生子山の北西部、近隣に小学校や公民館などの公共施設もある穏やかな田園地帯の中に、平成25年6月21日に園舎が落成し、7月1日に昭和保育所として開所し、平成27年4月1日より昭和認定こども園として開園しました。広い園庭、3棟からなるバリアフリーの平屋建て、木のぬくもりを感じる保育室、フローリングの広い廊下、明るいトイレ、交流できる「わくわくの部屋」やプレイスペースもあり、乳児保育室や一時保育室・子育て支援センターには床暖房が完備されています。
 このような恵まれた環境の中で、子どもの発達・興味に応じた遊びができるように環境を工夫し、家庭との連携も深めながら子ども一人ひとりが笑顔で充実した生活ができるように務めたいと思います。
 こども園を取り巻くみんなと手をとりあって、子どもたちとともに育ちたいと職員一同“笑顔で連携を大切に”を合言葉にがんばっています。こども園内に子育て支援センターもありますので、見学をかねて遊びに来てください。

 

▲ ページ先頭に戻る