せいけんじこども園 <幼保連携型認定こども園>

基本情報
認定こども園名称せいけんじこども園
郵便番号761-4432
住所小豆郡小豆島町草壁本町395
電話0879-82-4228・0294
FAX0879-82-5235
公・私
定員・実施内容
定員1号認定15
定員2・3号認定140
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施有り
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施有り
受入可能状況可能(平成30年10月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体 社会福祉法人清見福祉協会 理事長 慈氏 周豊
施設長名慈氏 周豊
敷地面積実測 5206.35 ㎡
建物面積本棟 843.75㎡ 別棟 96.39㎡、施設平面図(1階2階
建物構造鉄骨造鋼板葦2階建 木造合金メッキ網板ぶき平屋建

入園の概要

入園できる年齢

保育認定のお子さんは、産休あけから入園できます。教育認定のお子さんは、満3歳児を迎えた翌月の初日から利用できます。

平成30年4月1日現在の入園児童数
 0歳1歳2歳3歳4歳5歳合計

保育認定

4名

22名19名26名31名31名133名

教育認定

 

 5名6名3名14名

職員数

    

園長

副園長
教頭
保育教諭保育士幼稚園教諭調理員その他合計
1名2名32名 3名2名6名14名60名

認定こども園の方針

<理念>
子どもたちが郷土を愛し、心豊かな人生をおくることができる心と身体の基礎を育む。

<目標>
・感謝の心と豊かな心情を育む
・正しい判断力と豊かな創造力を培う
・たくましい心と身体を育む

教育・保育内容

  • 健康、安全で幸福な生活のために必要な基本的な習慣を養い、身体諸機能の調和的発達を図る
  • 集団生活を通じて、喜んでこれに参加する態度を養うとともに家族や身近な人への信頼感を深め、自主・自立及び協同の精神ならびに規範意識の芽生えを養う
  • 身近な社会生活・生命及び自然に対する興味を養い、それらに対する正しい理解と態度及び思考力の芽生えを養う
  • 日常の会話や、絵本・童話等に親しむことを通じて言葉の使い方を正しく導くとともに、相手の話を理解しようとする態度を養う
  • 音楽・身体による表現、造形等に親しむことを通じて、豊かな感性と表現力の芽生えを養う
  • 快適な生活環境の実現及び子どもと保育教諭その他の職員との信頼関係の構築を通じて、心身の健康の確保及び増進を図る

開園日及び開園時間

(1)開所日

 開所日   区分 開所曜日
 1号認定(教育標準時間) 月曜~金曜日
 2号・3号認定
(保育標準・保育短時間)
 月曜~土曜日
(2)利用時間(保育料だけで最大利用できる時間)
 利用時間    区分 月曜~金曜日 土曜日
 1号認定
(教育標準時間)
 8:30 ~ 14:30 ー
 2・3号認定
(保育標準時間)
 7:30 ~ 18:30 7:30 ~ 18:30
 2・3号認定
(保育短時間)
 8:30 ~ 16:30 8:30 ~ 16:30 
 
(3)預かり保育及び延長保育(料金については「10.保護者の負担」参照)
 時 間 帯    区分 月曜~金曜日 土曜日
 1号認定
(教育標準時間)
 14:30 ~ 18:00
(預かり保育)
※満3歳児は実施していません
  ー
 2・3号認定
(保育標準時間)
 7:00 ~ 7:30
18:30~19:00
(延長保育)
 7:00 ~ 7:30
18:30~19:00
(延長保育)
 2・3号認定
(保育短時間)
 7:30 ~ 8:30
16:30~19:00
(延長保育)
 7:30 ~ 8:30
16:30~19:00
(延長保育)
(4)休園日及び希望保育等
 内容 期間・時間 備考
 年末年始
日曜・祝祭日
 12月29日~1月3日
※12/28及び1/4が土曜日の場合はその日も休園とする
 全園児休園
 お盆
秋祭り
 8月13日~8月15日
10月15日
 全園児休園
 土曜日 毎週水曜日までに土曜保育申請提出
※行事日は対象外
 1号認定休園
2・3号認定は希望保育
 教育時間設定
除外日
夏季休業日 8月12日~8月17日
冬季休業日 12月26日~28日、1月4日
春季休業日 3月最終月曜日から土曜日
 1号認定休園
2・3号認定は希望保育
 各種行事の対応 運動会
発表会
卒園式(0~3歳児休園)
その他、土曜日行事
 いずれの行事も行事終了後
閉園となります。
 その他 園長が休園を必要と認めた日 
 

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

   

延長保育料
(預かり保育料)

 1号認定
(教育標準時間)
 預かり保育…14:30~18:00内で利用
預かり保育料…1000円/1回または8,000円/月
※満3歳児のお子さんの預かり保育はしていません
 2・3号認定
(保育標準時間)
 延長保育…7:00~7:30、18:30~19:00
延長保育料…7:00~7:30 200円/1回
18:00~19:00 300円/1回
 2,3号認定
(保育短時間)
 延長保育…7:30~8:30、16:30~18:00
延長保育料…7:30~8:30 200円/1回
16:30~18:00 300円/1回

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

   受入できる年齢5ヶ月~
 保護者負担金利用料
2時間ごとに500円
8時間を超える場合 30分ごとに300円
 申  込  方  法 3日前まえにお申し込み
(初回は簡単なミーティングをしたいため来園にて申し込み、次回利用から電話申し込み可能)

 保育できる曜日・時間

 月~金、8:30~16:30(その他の利用時間については要相談)

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

 活  動  内  容

○わくわくランド
毎週月~金(9:30~14:30)、土(9:00~12:00)、
月に2回程度 日(10:00~12:00)
在宅児童に園を開放し、いろいろなプログラムで一緒に遊びます。
水曜日は給食サービス(250円)もしています。

○育児不安等についての相談・関係諸機関との連携

その他子育て支援

○障害児保育
○学童保育
○老人福祉施設訪問等世代間交流事業
○退所児童交流

認定こども園の1日

当園では、教育及び保育を下記の時間の流れで提供します。

 時間    活動内容
 0・1・2歳児
(保育園籍)
 3・4・5歳児
(保育園籍)
3・4・5歳児
(幼稚園籍) 
 7:30 順次登園
(合同保育)
 順次登園
(合同保育)
  
 ↓  視診・検温・遊び  視診・検温・遊び
 8:15 順次登園
 8:30 各クラスへ
朝の会(挨拶・歌・出欠)

各クラスへ
朝の会(挨拶・歌・出欠)
・ひろい読み
・書き取り
・計算
・音楽
・体操など

 9:00 おやつ
 10:00 設定保育
室内外遊び
 11:00 給食
 11:30 午睡
12:15給食
13:00自由遊び自由遊び
14:30起床順次降園
15:00おやつ 
15:30室内遊びおやつ
16:00順次降園
(合同保育)
室内外遊び
順次降園
(合同保育)
室内外遊び
19:00閉園閉園

※行事等で変更する場合があります。
※土曜日は人数が少ないため、全学年合同保育となります。
※1号認定児の教育標準時間は8:30~14:30となっております。
※2号3号認定の方の利用時間は、就労時間(勤務時間)プラス通勤時間です。

 

主な年間行事

伝承行事や季節行事など、教育・保育目標を達成するために子ども達の歓声を豊かにする行事を行います。

 全体行事・イベント3,4,5歳児のみ

 

年間行事 春

年間行事 夏

 

 

 

 

 

年間行事 秋

 

 

 

 

 

年間行事 冬

 

 4月入園式(1日)、お花見遠足草壁地区体育祭(23日)
 5月花まつり、マリンバ演奏会
親子ふれあい
星城小学校運動会(21日)
小豆島高校体育祭
島外遠足、田植え
 6月  
 7月七夕まつり船上七夕まつり
お泊り保育(4,5)(14-15日)
 8月金管三重奏コンサート
働く車大集合
 
 9月 草壁地区敬老会
小豆島高校文化祭(5)
 10月運動会(21日)キッズサッカー、稲刈り
 11月秋の園外保育紅葉茶会
 12月おもちつき
クリスマス会
小豆島少年少女マラソン大会
鼓笛演奏、お飾り作り
高松高校第九コンサート
1月 交通安全キャンペーン
雲辺寺スノーパーク園外保育(4,5)
2月節分スケート園外保育(4,5)
3月発表会(10日)
ひな祭り
お別れ会・お別れ遠足
卒園式(24日)
毎月の行事
誕生日会、発育測定、防犯訓練、避難訓練、おにぎりの日(お弁当の日)、
サンシャイン訪問(4)、YY体操教室(3,4,5歳児)、
星っ子の会読み聞かせ(3,4,5歳児)、
英語(3,4,5歳児)、ECCジュニアパパット英語(4,5歳)
音楽教室 月2回(2~5歳児)
豪華客船お出迎え(3,4,5歳児 随時)

※     はご家族の方にご参加いただく行事です。

その他

  • マイクロバスでの園外保育も積極的に実施しています。
  • 給食は栄養士と調理員により材料にこだわって作っています。離乳食やアレルギーによる除去食、子どもたちの喜ぶ行事食にも力を入れています
  • 横峯式教材を使用したYYプロジェクトを実施。

 

園長からのひと言

園長からのひと言

 日が過ぎ行くのはとても早くてあっという間です。特に子どもたちの日々の成長は、竹の子のようでもあります。昨日できなかったことやわからなかったことが、今当たり前のようにできます。
 人は皆一年365日、一日24時間平等の時間を持っています。その時間をどう過ごすかでその後は変わってきます。毎日継続することが熟成を促進します。
 何にでも取り組み、集中して次の目標に達成を促せる環境を整えたいと切に思います。

▲ ページ先頭に戻る