綾川町立羽床上こども園

基本情報
認定こども園名称綾川町立羽床上こども園
郵便番号761-2207
住所綾歌郡綾川町羽床上1023-1
電話087-878-1462
FAX087-878-1462
公・私
定員・実施内容
定員1号認定6
定員2・3号認定39
乳児保育実施無し
延長保育実施有り
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(令和3年10月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体綾川町
施設長名横井 香枝
敷地面積2,429m2
建物面積680.59m2施設平面図
建物構造鉄筋コンクリート造2階建1棟

入所の概要

入所できる年齢

1歳から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

令和3年4月1日現在の入所児童数
 1歳2歳3歳4歳5歳合計
保育認定3名7名8名4名9名31名
教育認定0名0名1名0名1名2名
職員数
園長主任保育
教諭
保育教諭調理員その他合計
1名1名5名2名1名10名

教育・保育方針

『一人ひとりの子どもに「生きる力の基礎」を育成する』

  いきいき のびのび 笑顔輝く 綾川っ子

  • 健康な心と体をもち、自分らしくいきいき活動する力を育てる
  • 自己表出し、友だちとかかわりあって伸び伸び活動する力を育てる
  • 心を弾ませ、意欲的にわくわく遊べる力を育てる

保育内容

  • 地域の実態に即し、幼児の発達段階に応じた保育
  • 日常生活に必要な基本的生活習慣の習得
  • 友達との関わりの中で、思いやりやいたわりの心を育てる
  • 小学校や地域との連携を密にした一貫教育の推進

時間

 保育認定こども教育標準時間認定こども
  標準短時間 
通常月曜~金曜7:30 ~ 18:308:30 ~ 16:308:30 ~14:00
土曜日滝宮こども園にて実施滝宮こども園にて実施 
延長月曜~金曜18:30~ 19:00  
閉園日

日曜日、国民の祝日、振替休日、年末年始、そのほか施設長が必要と認める日

土・日曜日、国民の祝日、春・夏・冬休み、そのほか施設長が認めた日

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

[保護者負担金]

月額 2,500円

[申込方法]事前に申請書により申込

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点事業

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

・園庭開放事業
  就学前までの子どもと保護者対象にホームページ等を利用し案内をする。
  こども園の行事や普段の遊びの中で、園児と交流しふれあいを深める。
・子育て相談事業(随時)

こども園の1日

 保育認定こどもの1日教育認定こどもの1日
7:30早出保育 
8:00順次登園 朝の視診 
9:00※1・2歳児9:30~おやつ順次登園 朝の視診
10:00自らの思いにそった活動・保育計画による活動自らの思いにそった活動・保育計画による活動
11:00食事準備食事準備
12:00食事 
※1・2歳児11:00~食事用意・食事12:30~午睡
食事
13:00午睡自らの思いにそった活動
14:00 順次降園
15:00おやつ 
16:00自らの思いに沿った活動 
17:00順次降園 
18:00居残り保育 
18:30延長保育 
19:00  

年間行事

年間行事 春

入園式、保育参加、保護者会総会、こどもの日、親子遠足、地区運動会

 
年間行事 夏

プラネタリウム見学、プール開き、七夕まつり、夕涼み会、夏のつどい

 
年間行事 秋

キッズサッカー、交通キャンペーン、ふれあい運動会、親子遠足、地区文化祭

 
年間行事 冬

発表会、クリスマス会、保育参観、講演会、給食試食、豆まき、お店ごっこ、もちつき、ひな祭り茶会、お別れ散歩、お別れ会、修了式

 

その他

  • きらきら子育て事業(外部講師との活動)
    ・英語で遊ぼう(5歳児)
    ・運動遊び(5歳児)
  • 地域との交流(婦人会・公民館・老人会・民生委員・介護施設・地域の運動会参加)
  • 綾上地区年長児交流会

施設長からのひと言

園長からのひと言

 緑豊かな自然の中にあるこども園です。
 小規模園の利点を生かし、家庭的な雰囲気を大切にしながら、様々な体験を通して、一人ひとりが認められ互いに育ちあうなかまづくりを大切にしています。また、保護者や地域の人たちとの連携を深めながら、心身ともに健康でたくましい子どもに育つことを願っています。

 

▲ ページ先頭に戻る