田井保育所

基本情報
保育所名称田井保育所
郵便番号761-0121
住所高松市牟礼町牟礼100-1
電話087-845-5411
FAX087-845-5411
公・私
定員・実施内容
定員80
乳児保育実施有り
延長保育実施無し
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年8月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体高松市
施設長名村井 浩子
敷地面積4,173.39m2
建物面積738.35m2施設平面図
建物構造木造平屋建

入所の概要

入園できる年齢

生後3ヶ月から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳5歳合計
3名9名12名14名11名13名62名
職員数
施設長保育教育士調理員合計
1名12名2名15名

保育方針

-体も心も元気いっぱい“光り輝く子ども”-

  • [た]のしく遊び、よく食べる元気いっぱいの子ども
  • [い]つも前向きにとりくみ、自分から遊びをみつける子ども
  • [つ]みかさねを大切にし、見通しをもってとりくむ子ども
  • [こ]とばや表情で自分の気持ちを相手に伝える子ども

保育内容

子どもと保育者がいっしょになり“楽しい保育所”“子どもが輝ける保育所”をつくっています。

  • 充実した保育環境の中で、豊かな感性とともに、思いやりの心を育みます。
  • 一人ひとりの子どもが自己を発揮し、主体的に行動できる遊びを取り入れています。
  • 生活に必要な基本的生活習慣を積み重ねていきます。
  • 保育所の立地条件のよさを生かして、自然や動植物に親しみ、興味、関心を深めています。
  • 世代間交流を通して、地域の方々との交流を深めています。

保育時間

  保育標準時間保育短時間
通常月曜~金曜7:30~18:308:30~16:30
土曜日7:30~12:308:30~12:30
以降は相談に応じます
延長月曜~金曜実施しておりません7:30~8:30
16:30をこえて18:30まで
休所日日曜日・祝日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

 保育標準時間保育短時間
延長保育料16:31~18:30 100円
延長申込み方法延長保育が必要となった時点で、保育所へご相談ください。

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

世代間交流事業地域の方々に来所していただき、お年寄りの生活の知恵ややさしさに包まれながら、年十回程度の交流をしています。
保育体験事業中学生・高校生を対象に子育ての楽しさや喜びが体験できる機会を提供しています。

保育所の1日

 3歳未満児3歳以上児
7:30  
8:30●順次登所
健康視診
持ち物始末
●生活とあそび
●おやつ
●順次登所
健康視診
持ち物始末
●あそび
自由あそび
異年齢交流
9:00
10:00●個々の発達に合わせたあそび●課題あそび
11:30●食事
準備
後片づけ
●食事
準備
後片づけ
12:30●睡眠●睡眠
15:00●おやつ●おやつ
16:30●個別検査
健康視診
順次降所
●個別検査
健康視診
順次降所

年間行事

年間行事 春

入所式、家庭訪問、保育参加 、老健施設訪問、歯科検診、内科検診

 
年間行事 夏

七夕まつり、プール遊び、縁日ごっこ

 
年間行事 秋

敬老会、運動会、親子遠足、イモ掘り、内科検診、避難訓練実地指導

 
年間行事 冬

生活発表会、もちつき、クリスマス会、地域の方との正月遊び、保育参加、ひなまつり、
お別れ遠足、就学する子どもを送る会

 

その他

  • 保育室は、すべて冷暖房完備です。
  • ふれあいあそび、縁日ごっこ、運動会、もちつきなどの世代間交流事業を通して、地域の方々と豊かな経験ができるようにしています。
  • 3歳以上児は主食のみ保護者負担(パン・米代月額約500円徴収)です。
  • 牟礼地区の小学校、幼稚園、保育所との交流をしています。
  • 確認施設・事業所情報はこちらです。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 “保育所って楽しいな!”と思える保育をめざしており、四季の移り変わりを肌で感じさせてくれる雑木林では、かけ廻る子どもたちの声がこだましています。一人ひとりの子どもが毎日の生活を生き生きと楽しみ、友だちとともに力を出し合い、人間性豊かに育っていくことを願っています。

 

▲ ページ先頭に戻る