琴平町立南こども園

基本情報
認定こども園名称琴平町立南こども園 <幼保連携型>
郵便番号766-0002
住所仲多度郡琴平町琴平町103
電話0877-75-1022
FAX0877-75-1022
公・私
定員・実施内容
定員1号認定30
定員2・3号認定84
乳児保育実施有り
延長保育実施無し
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(令和4年10月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体琴平町
施設長名飯野 恵美
敷地面積1,808m2
建物面積948.7m2
建物構造鉄筋コンクリート造2階建

入所の概要

入所できる年齢

生後6か月から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

令和4年4月1日現在の入所児童数
 0歳1歳2歳3歳4歳5歳合計
保育認定1名9名11名8名16名13名58名
教育認定0006名4名2名12名
職員数
園長副園長
教頭
保育教諭管理栄養士調理員事務員その他合計
1名12名1名3名1名3名21名

認定こども園の方針

 教育・保育目標
  豊かな心と健やかな身体で、主体的に生きる子どもを育てる。

 めざすこども像
  こ
・・・こんきよくがんばる子
  と・・・ともに遊ぶ元気な子
  ひ・・・ひとの気持ちがわかるやさしい子
  ら
・・・らしさを認め合える子

教育・保育内容

 0歳から5歳までの子どもの生活の流れと発達の流れを大切にした教育・保育の充実に努める。
「生命の保持」「情緒の安定」を基盤にしながら子どもの健全な心身の発達を図り、人間形成の基礎を培う。

  • 子どもが主体的に生き生きと遊びこめる環境を工夫し、充実感や達成感を味わい、人とかかわる力が育つ活動を積極的に取り入れる。
  • 一人一人の育ちの連続性を考慮しながら、小学校との互恵性のある活動の実践や円滑な連携・接続を図る。
  • 自立心を育むことを大切にしながら基本的生活習慣の定着を図るとともに、集団生活に必要な態度や自律の心の育成に努める。
  • 地域の資源(歴史・文化・産業)を生かした活動を通じて、子どもの生活経験を豊かにするとともに地域に親しみや愛着がもてるようにする。
  • 子どもの姿を通して、保護者に幼児教育の重要性を啓発するとともに信頼関係を大切にし、子どもの将来を見据え親と子がともに育ちあう子育て支援に努める。
  • 実践を通して自己点検・自己評価をし、修正改善していくことにより、幼児教育の専門性を高める。

開園日及び開園時間

保育時間
  保育認定こども教育標準時間認定こども
  標準短時間 
通常月曜~金曜午前8時~午後6時30分午前8時30分~午後4時30分午前8時30分~午後2時30分 
土曜午前8時~午後0時30分午前8時30分~午後0時なし
延長月曜~金曜なしなし 

閉園日

日曜・祝祭日・年末年始土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始
春休み・夏休み・冬休み

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

現在実施しておりません。

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

こども園の1日

 保育認定こどもの1日教育認定こどもの1日
8:30登所、視診登所、視診
9:00

思いに沿った活動

課題遊び
(0~2歳児はおやつ)

思いに沿った活動

課題遊び(クラス・園)

10:00
11:30給食の準備給食の準備
12:00給食給食
13:00午睡帰りのひととき・自由遊び
14:30 降園
15:00おやつ
自由あそび
 
16:30順次降園 
18:30  

年間行事

年間行事 春

入所式、始業式、交通指導、こどもの日の集い、健康診断、保育参観、懇談、
春の遠足、集団活動、商店街・時計屋見学(園外保育)

 
年間行事 夏

七夕集会、水あそび・プールあそび、交通安全キャンペーン、
ひまわり畑見学(園外保育)、終業式

 
年間行事 秋

始業式、運動会、就学時健康診断、親子遠足、町教育文化祭、芋ほり

 
年間行事 冬

生活発表会、サッカー教室、懇談、クリスマス会、節分集会、終業式、始業式、
体験入園、入園説明会、作品展、ひなまつり集会、お別れ会、お別れ遠足、
保育参観、修了式

 

その他

 

施設長からのひと言

園長からのひと言

 金刀比羅宮を仰ぐ観光地にあり、歴史的文化財、建造物も多く豊かな活動が展開できる環境に恵まれています。
 地域の資源に触れ、ふるさとを思う気持ちを育てることで、自分も、自分の町も、そこに住む人をも大切にし、まわりのもの・ひと・ことに自らかかわろうとする心豊かな子どもの育成に取り組んでいます。

 

▲ ページ先頭に戻る