栗熊保育所

基本情報
保育所名称栗熊保育所
郵便番号761-2406
住所丸亀市綾歌町栗熊東271
電話0877-57-1132
FAX0877-86-2139
公・私
定員・実施内容
定員70
乳児保育実施無し
延長保育実施無し
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年2月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体丸亀市
施設長名大熊 知恵美
敷地面積2638m2
建物面積822.6m2施設平面図
建物構造鉄骨ブロック造平屋建

入所の概要

入所できる年齢

1歳から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成29年4月1日現在の入所児童数
1歳2歳3歳4歳5歳合計
8名9名19名11名14名61名
職員数
施設長保育士調理員合計
1名17名3名21名

保育方針

  • 基本的な生活習慣や態度を養い、心身ともに健康で安全に生活できる子どもを育てる。
  • 共に遊び喜びを十分に味わうなかで、自分らしく表現し意欲的に生活する子どもを育てる。
  • 友だちとかかわって遊ぶなかで、互いの良さに気づき認め合ったり、共に育ち合える子どもを育てる。
  • 身近な自然環境やさまざまな体験を通して感じる心を大切にし、創意工夫できる感性豊かな子どもを育てる。

保育内容

  • 日々の楽しい遊びや園外保育を通して、豊かな生活経験(実体験)を積み重ねながら、人とかかわる力の育成や健康な身体づくりに努める。
  • 異年齢児交流や、飼育栽培活動などを通じて、生命を大切にし、他人を思いやる心や、相手の立場に共感する温かい心を育てる。
  • 家庭との信頼関係を築き、互いの連携を図りながら、一人ひとりの子どもの全面成長発達を促す。

保育時間

通常保育月曜~金曜午前7時30分~午後6時まで
土曜午前7時30分~午後0時30分まで
休所日日曜・祝祭日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

現在実施しておりません。

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

・子育てに悩んでいるお母さんたちが、気軽にいつでも保育所へ来て相談できる窓口を開いています。
・毎月第3水曜日は保育所開放日です。(9時30分~11時)

保育所の1日

7:30登所
9:00自分の興味や関心にそった遊び
10:00年齢に応じた保育活動
11:30食事の準備
食事
食事の片付け
12:00
13:00午睡
14:30
15:00おやつ
 降所準備
16:30順次降所
18:00閉所

年間行事

年間行事 春

入所式、お花見、お城まつりキッズパレード(隔年)、運動会、家庭訪問、春の遠足、健康診断、さつまいもの苗さし

 
年間行事 夏

保育参観・家庭教育講座、給食試食会、プール開き、七夕まつり、七夕茶会、夏の夕べ、クラス懇談会、海浜保育、プラネタリウム

 
年間行事 秋

祖父母参観、親子遠足、お祭りごっこ、いも掘り、交通安全キャンペーン、健康診断、八朔だんご馬、もみじ茶会

 
年間行事 冬

生活発表会、クリスマス会、もちつき、園内作品展、節分、個人懇談会、ひなまつり茶会、お別れ会、お別れ遠足、修了式、保育参観・家庭教育講座、クラス懇談会

 

その他

  • 異年齢の交流を大切に、温かく落ち着いた雰囲気の中で、安心して過ごせるようにしています。
  • 保護者同士が集う「くりっこサロン」を年5回予定しています。お茶を飲みながらお家の方同士がつながり子育ての輪が広がればと願っています。
  • 毎月第3水曜日は、保育所を開放しています。ご家庭にいるお子さんも友だちと一緒に遊べます。年間を通じて保育体験もしていただけます。親子でお越しください。
  • 確認施設・事業所情報はこちらです。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 かけがえのない地域の豊かな自然や文化、人材を取り入れた地域に根ざした保育を心がけています。また、そのような環境のなかで、人とのつながりの温もりを肌で感じながら、子どもたちは日々のびやかに育っています。家庭との連携を密にとりながら、子どもたちの健やかな成長発達のため、今後とも努めて参りたいと思っています。

 

▲ ページ先頭に戻る