ドルカス乳児保育所

ドルカス乳児保育所
基本情報
保育所名称ドルカス乳児保育所
郵便番号762-0081
住所丸亀市飯山町東坂元185
電話0877-98-6460
FAX0877-98-6322
公・私
定員・実施内容
定員150
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年7月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体社会福祉法人 静和福祉会
理事長 小田 紘三
施設長名小田 祐子
敷地面積2,684.12m2
建物面積863.05m2施設平面図
建物構造鉄筋コンクリート造3階建

入所の概要

入所できる年齢

0歳(産休明け)から5歳までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳5歳合計
9名25名28名22名24名19名127名
職員数
施設長保育士看護師栄養士調理員事務員合計
1名30名1名1名4名1名38名

基本理念

やわらかな光がふりそそぐ、ひだまりのようにあたたかな場所。
その光の中で、ともに遊び、学び、笑い、育ち合えることに感謝します。
感謝する心は自ら光を放ち、心の中に小さなひだまりをつくります。
その一つひとつは小さくても、みんなで手をつなげば、それは大きな愛になって、生き生きとした姿の子どもたちと、その子どもたちをとりまくすべての人たちを、 あたたかな光で包みこむことができるでしょう。
だから-私たちはいつでも感謝の心を素直な気持ちであなたに伝えます。
すべての人が、このぬくもりを分かち合えるように-

誓い(保育目標)

私たちは、理念のもとに3つの誓いを立てています。 子どもたち一人ひとりが持つ様々な力を育むために、発達に応じた保育環境や保育方法を考えながら保育を行っています。

  • 一.すべての人を愛で包み込み、その生きる力を育みます。
  • 一.心と心を通わせる力、人を信じ、愛することができる力を育みます。
  • 一.一つひとつの言葉の力を想い、愛の言葉、豊かな言葉を、気持ちを込めて発する力を育みます。

保育時間

【開所時間】7:00~19:00
保育標準時間7:00 ~18:00(延長保育時間:18:00~19:00)
保育短時間8:30~16:30(延長保育時間:7:00~8:30/16:30~19:00)
土曜保育時間7:30~18:00(第2土曜以外)
7:30~12:30(第2土曜)
休所日日曜・祝日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

保育標準時間日額500円/月額3500円
保育短時間1時間300円(1時間未満は1時間とみなす)

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

現在実施しておりません。

保育園の1日

7:00登園
8:00室内外の自由な遊び
9:30おやつ
10:00クラスごとの活動
11:00
11:30給食
13:00昼寝
14:00
15:00おやつ
16:00室内外の自由な遊び
17:00順次降園
18:00延長保育
19:00延長保育終了

年間行事

年間行事 春

新年度懇談会、お花見給食、乳幼児内科健診、カレー作り、親子遠足、個人懇談、歯科検診、花の日

 
年間行事 夏

水遊び開始、七夕、ひまわり迷路、敬老の日、交通安全キャンペーン

 
年間行事 秋

運動会、桃源郷まつり、芋ほり、秋の遠足、ハロウィン、乳幼児内科健診、収穫感謝祭、友愛バザール(秋のふれあいまつり)、うどん作り

 
年間行事 冬

もちつき、クリスマス礼拝・祝会、たこあげ大会、節分、生活発表会、個人懇談、周知会、ひなまつり茶会、ふれあい遠足、立食パーティー、卒園式

 

その他

  • 0歳児・1歳児の保育室は、床暖房
  • 給食は離乳食から始めています。
  • 3歳以上児は、主食費800円を徴収しています。
  • 確認施設・事業所情報はこちらです。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 子どもの時は、その人の生涯におけるかけがえのない大切な時期であると言われます。このかけがえのない大切な時を自由でのびのびと、楽しく明るい生活ができますよう、皆さんと協力し、子どもを見守り、援助してまいりたいと思います。

 

▲ ページ先頭に戻る