粟井保育所

基本情報
保育所名称粟井保育所
郵便番号768-0052
住所観音寺市粟井町1453
電話0875-27-6255
FAX0875-27-6255
公・私
定員・実施内容
定員60
乳児保育実施無し
延長保育実施無し
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年7月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体観音寺市
施設長名横山 淳子
敷地面積1881.26m2
建物面積588.68m2施設平面図
建物構造木造平屋建てセメント瓦

入所の概要

入所できる年齢

満2歳から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
2歳3歳4歳5歳合計
10名12名18名20名60名
職員数
施設長保育士調理員合計
1名16名2名19名

保育方針

目標:身近な自然や人と関わる中で、豊かな心・しなやかなからだ・考える力を育てる。

子ども像:自分の思いを表現できる子ども
自分で考え行動できる子ども
自然に親しみ、生命を大切にする子ども

保育内容

保育内容は各年齢ごとの発達に応じて目標を立て、一人ひとりに応じた保育を行う。

  • 自分でできることに喜びを持ちながら、基本的生活習慣を身につける。
  • 自然とのふれあいや体験を通して、豊かな感性を育てる。
  • 年齢別保育や異年齢児交流を通して社会性や自立性、思いやりの心を育む。
  • 自分の思いや感じたことを、ことばや態度で表現し、主体的に遊べるようにする。
  • 菜園活動や食べることなどを通して食育をすすめる。

保育時間

通常保育時間:月曜~金曜午前7時30分~午後5時30分まで
土曜午前7時30分~午後0時30分まで
休所日日曜・祝日・年末年始

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

現在実施しておりません。

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

現在実施しておりません。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

*子育てサロン

年3~4回

  • 子育ての悩みや、楽しさ、趣味などについておしゃべりタイムを作り子育ての仲間つくりを行う。
  • 地域の伝承活動を楽しむ。(はくせこのお菓子つくり・藁の虫かごなど)
  • 子どもと遊べるおもちゃつくり・わらべ歌など

(活動内容は保護者の皆さんと相談して毎年取り組んでいます。)

*親子ふれあい

月1回 夕方15分

  • 夕方のお迎えの時に親子で一緒に保育士による絵本の読み聞かせと家庭でもできる手遊び・ふれあい遊びを行っています。

保育所の1日

7:30登所
 自分の好きな遊び
9:00片付
(2才児おやつ)
10:00ふれあいタイム(体操・ふれあいあそび)
年齢に応じた活動
11:30食事、歯磨き
12:30絵本・紙芝居など
13:00お昼寝
15:00おやつ、帰る用意
16:00お迎えが来るまで
異年齢で一緒に遊ぶ

年間行事

年間行事 春

お花見(さくら・れんげ畑・たんぽぽ畑)、保育祭り、保育参観、親子運動会

 
年間行事 夏

あじさいまつり、泥んこ田んぼ遊び、田植え、プール遊び、セミ取り、夕涼み会、ミニキャンプ

 
年間行事 秋

地区運動会、遠足・おまつりごっこ(保育参観)、芋ほり・落ち葉ひろい、地区文化祭参加

 
年間行事 冬

発表会、もちつき、クリスマス会、保育参観、とうどうばやし(地区活動)、ミニ八十八か所(山登り)、豆まき、そり遊び、バイキングパーティー、お別れ会、お別れ遠足

 

その他

  • 市立公立保育所5歳児交流会(海辺で遊んだり、カモメのエサやり体験や運動遊びをしたりしながら、多くの友だちと交流します。)
  • 障がい児は個々の障がいの程度に応じた保育ができるよう配慮しています。
  • お散歩ボランティアさんたちと一緒に散歩を楽しんでいます。
  • 確認施設・事業所情報はこちらです。

施設長からのひと言

粟井保育所は、地域に根差した保育所で、タンポポやレンゲつみ、粟井神社でのお花見、あじさいまつりの参加、地域の方との田植えや稲かりなど、四季折々の自然の中で心を動かす体験を大切にしています。
いろいろな方との交流の中で、人の温かさを感じながら、心も体ものびのびと育って欲しいと願っています。

園長からのひと言

 

▲ ページ先頭に戻る