富田保育所

基本情報
保育所名称富田保育所
郵便番号761-0901
住所さぬき市大川町富田西2525-1
電話0879-43-2186
FAX0879-23-2052
公・私
定員・実施内容
定員90
乳児保育実施有り
延長保育実施有り
一時預かり実施無し
休日保育実施無し
地域子育て支援拠点
(センター)
実施無し
受入可能状況年齢によって不可(平成30年11月1日時点)

その他の情報

施設

施設情報
経営主体さぬき市
施設長名白井 利恵
敷地面積4,554m2
建物面積1,235.27m2施設平面図
建物構造鉄筋コンクリート造平屋建

入所の概要

入所できる年齢

生後3ヶ月から小学校就学前までのお子さんが入所できます。

平成30年4月1日現在の入所児童数
0歳1歳2歳3歳4歳以上合計
9名6名17名12名0名44名
職員数
施設長保育士調理員合計
1名13名2名16名

保育方針

  • 十分に養護の行き届いた環境の下に子どもの思いを適切に受け止め、情緒の安定を図り、豊かな感性と道徳性の芽生えを培っていく。
  • 保育所が楽しいと思える子ども。
  • 愛されていると思える子ども。
  • 思いやりのある子ども。

保育内容

  • 保育士と安定した関係の中、必要な基本的生活習慣を身につけていく。
  • 障がい児保育をとおして、共に育ち合う保育をする。
  • 生活の中で言葉への興味や関心を育て、喜んで話をしたり、聞いたりする態度を養う。
  • 様々な体験をとおして豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。

保育時間

   保育標準時間 保育短時間
 通常  月曜~金曜 7:30~18:30 8:30~16:30
 土曜日 8:30~16:30
要望により7:30~16:30
 延長  月曜~金曜 18:30~19:00 7:30~8:30
16:30~18:30
18:30~19:00
 休所日 日曜・祝日・年末年始 

特別保育

延長保育

保護者の都合により、通常の保育時間を超えて実施する保育です。

  保育標準時間 保育短時間
 保護者負担金 18:30~19:00 1回100円

 7:30~8:30 1回100円
16:30~18:30 1回200円
18:30~19:00 1回100円

 申込み方法 保育所に直接申し込んでください。 

一時預かり

保護者がパートタイムなど不規則な就労形態の家庭の児童や保護者の傷病、入院あるいは育児疲れをリフレッシュしたい時など、一時的に保育が必要となる児童を保育します。

現在実施しておりません。

休日保育

保護者の事情で休日に保育できない場合の保育です。

志度保育所にて実施。

地域子育て支援拠点(センター)

専業主婦家庭も含めた地域全体の子育て支援として次のような事業を実施しています。どなたでも無料で利用できますのでお気軽にご連絡ください。

現在実施しておりません。

その他子育て支援

  • 保育所へ入所していない子どもも保護者と一緒に遊びに来て入所している子ども達と遊べるようにしています。
  • 育児相談も行っています。いつでも気軽に電話をしておいでてください。
  • 中学生・高校生等を対象に子育ての楽しさ喜びを体験できる機会を提供しています。
  • 世代間交流や異年齢交流により、地域にひらかれた子育て支援を実施しています。

保育園の1日

7:30早朝保育
8:30順次登所
・朝の視診
・持ち物の始末
9:30あそび
(3歳未満児おやつ)
・自由遊び
10:00課題あそび
11:30食事
・準備
・片づけ
12:30午睡準備
13:00午睡
14:00
15:00おやつ
16:00降所準備
・視診
・順次降所
19:00延長保育

年間行事

年間行事 春

入所のつどい、子どもの日、内科検診、歯科検診、家庭訪問、菜園活動、クッキング保育、保育参観

 
年間行事 夏

七夕の集い、幼・小・中との交流あそび、菜園活動、救急法育児講座、夕涼み会、プール遊び

 
年間行事 秋

運動会、高校生とのふれあい、親子遠足、文化祭、いもほり、祖父母の会、内科検診、歯科検診

 
年間行事 冬

生活発表会、保育参観、お店ごっこ、お正月あそび、ひなまつり、お別れ会、お別れ遠足、修了式

 

その他

  • アレルギー除去食を実施しています。ご相談ください。
  • 3歳以上児は主食代600円を集金します。

施設長からのひと言

園長からのひと言

 広々とした明るい保育所です。
 園庭周辺に植えられた樹木(すもも・かりん・柿・ブルーベリー・桑の実・みかん・オリーブなど)四季の変化を感じ、野菜や草花の栽培、小動物の飼育から感動体験を多く持ち、明るく元気な子どもの声がはずむ生活を大切にしています。
 保育所が地域の子育ての中心となって、保護者、地域と連携をとり合っていきます。

 

▲ ページ先頭に戻る